活性酸素について

活性酸素は、最近よく耳にする言葉ですね。

空気中に存在する普通の酸素は、私たちの生命の源であり、その3%は活性酸素として存在し、細菌などから体を守る働きがあります。

通常の呼吸によっても発生しているもので、殺菌作用などのよい働きもしてくれますが、過剰に発生すると、たちまち体内の細胞を傷つける有害物質に変化してしまいます。

人間の体には、もともとこの活性酸素に対して防御作用があり、過剰に発生した活性酸素を処理することができるのですが、その能力を超えるほどの大量の活性酸素が発生した場合には、処理しきれず、健康な細胞が傷つけられてしまいます。

活性酸素は、紫外線を多量に浴びると多く発生するといわれており、お肌や体の老化の原因になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です